不育症そだってねっと

私たちの願い

「不育症そだってねっと」は、不育症に対する理解や支援をお願いすべく活動をしております。 

 

不育症はまだあまり一般的に知られておらず、治療をせずに流産や死産を繰り返して悲しい思いをしている女性が多くいます。しかし、実は不育症は適切な治療を受ければ80%以上の確率で出産にたどり着けるといわれています。私たちはこのような悲しい思いをする女性を一人でも減らしたいと思い、不育症の周知を進めていきたいと思っています。 

 

また、不育症の治療には多額なお金がかかることが多くあります。このお金を払えないがために、赤ちゃんをあきらめてしまうご夫婦もいます。私たちは 金銭的理由で赤ちゃんをあきらめてしまう人がいなくなるよう、既に不妊症治療に対する助成金が国から出ているのと同じように、不育症に対しても助成金を出していただければと考えています。 

 

一人でも多くの、不育症で苦しんでいる患者さん達の「声」を世間に届け、不育症に対する理解、支援を求めていきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いします。

 

不育症そだってねっと 代表 工藤

 

3月17日(金)、静岡新聞夕刊「こち女」欄に、不育症についての記事が載る予定です。

不育症そだってねっとの静岡支部の方が取材に協力させていただきました。

(2017.3.11)